ハロウィンの起源・由来を簡単にお伝えします 「ランタンの伝説」のおまけ付き

広告
ハロウィン 季節の行事

10月31日、仮装して盛り上がるハロウィンですが、その起源や由来をご存じでしょうか。



それらを短くまとめてさくっとお伝えします。



そして、おまけに誰もが知っているかぼちゃのおばけ「ジャックオーランタン」の伝説もあわせてお伝えします。

広告

そもそもハロウィンとは

ハロウィン



ウィキペディアでハロウィンを調べると、次のように書いてあります。

ハロウィン、あるいはハロウィーン: Halloween または Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられているのこと。現代では特にアメリカ合衆国民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女お化け仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

現代では、ハロウィンは仮装するお祭りと思われていますが、


もともとはケルト地方(現在のアイルランド、スコットランド)で


年末(10月31日)に行われたお祭りのことです。


ハロウィン 起源は古代ケルト人の宗教的行事

秋の収穫物



ハロウィンの起源は、紀元前のケルト民族に由来します。


古代ケルト(現在のアイルランド、スコットランド地方)では11月1日が新年にあたり、


前夜の10月31日から、秋の収穫物を集めた盛大なお祭りを開きました。


またこの期間は、日本のお盆のように、先祖の霊が家に戻ってくるとも信じられていました。




19世紀、ハロウィンはヨーロッパからの移民とともにアメリカ大陸へ渡り、


祝祭の習慣が残ったと考えられています。


現在では宗教的な意味合いはうすれ、娯楽性の高いイベントとして人気があります。


仮装の由来は悪い霊から身を守るため

ハロウィンの仮装



ハロウィンには、先祖の霊だけでなく、


悪魔や魔女など邪悪なものも死後の世界からやってくると考えられていました。


悪い霊は生きている人たちを地獄へ連れて行くと信じられていたため、


ケルト人は、悪い霊に似せた仮装をして仲間だと思わせ、身を守るようになりました。


あわせて「ジャック・オ・ランタン」に明かりをつけて、魔除けのおまじないもしたということです。

宗教色がほとんど薄れた現代では、ハロウィンは年中行事として広まりましたが、


悪魔や魔女の仮装やメイクは、現代にも受け継がれています。


また、映画やマンガの人気キャラクターに仮装して楽しむことも一般的になりました。


オリジナル「ジャック・オ・ランタン」はカブ

ジャックオーランタン




ハロウィンというと、かぼちゃをくり抜いたおばけのランタン(灯り)を思い浮かべる方が多いことでしょう。


そこでアイルランド地方に伝わるジャックオーランタンの伝説をご紹介します。

「ジャックオーランタン」の伝説


むかし、アイルランドにジャックという酒飲みの乱暴者がいました。


ジャックはハロウィンの夜、悪魔に魂を奪われそうになりましたが、


悪魔をだまして、自分の魂を取らないように約束をさせました。


やがてジャックは死にますが、


生きていたときの行いがよくなかったので、天国には行けません。


仕方なく地獄へ向かいましたが、


地獄の入り口には以前だました悪魔がいて、魂は取らない約束したからと、入れてはもらえませんでした。


こうして天国にも地獄にも行けないジャックは、


カブをくり抜いてランタンを作り、そこに地獄の火を灯して、


永遠にこの世とあの世の間をさまよっています。


もともと「ジャックオーランタン」はカブで作られていました。


ハロウィンの習慣がアメリカにもたらされたとき、アメリカで手に入りやすいかぼちゃに変わったということです。



まとめ

ハロウィンの仮装


もともとハロウィンは宗教的な行事でした。


ハロウィンという言葉は「諸聖人の日(11月1日)の前夜」という意味です。


仮装をしたのは悪い霊から身を守るためで、


おまじないにカブをくり抜いた「ジャックオーランタン」という明かりを灯したのです。


やがてハロウィンの習慣はアメリカへと伝わるとともに宗教色はうすれ、


ランタンもカブではなくかぼちゃで作られるようになり、


今のような仮装して楽しむお祭りとして知られるようになりました。


タイトルとURLをコピーしました

語学(日本語)ランキング