[日本語 文法] ~ましょうか ①

荷物をもちましょうか 日本語 文法

~ましょうか ①

☆☆☆「ましょうか」①は申し出の文型について説明します。疑問詞を含む文型「~ましょうか」②をご覧ください。

意味

目の前で困っている人を見た時、その人を助けたり、手伝ったりすることを申し出る

相手が必要としていること、喜ぶだろうと思うことを自ら行おうとするときに使う

相手がいやがることには使わない

接続 

動詞 ます形 + ましょうか

例文

① (おばあさんが重そうなかばんを持って歩いている)

  A: (かばんを)持ちましょうか。

  おばあさん: ありがとうございます。お願いします。

② (食事中、友だちがテーブルの遠くにある塩を取ろうとしている。話者は塩の近くにいる)

  A: (塩を)取りましょうか。

  友だち: ありがとう。

③ (友だちの家で食事をしたあと、友だちがキッチンで皿を洗っている)

  A: 手伝いましょうか。

  友だち: ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました

語学(日本語)ランキング