Zoom でオンライン授業[初めてでも今すぐできます]

オンライン授業 ブログの勉強

こんにちは トレイシーです。

この記事ではZoomアプリのインストールから使い方まで、分かりやすくていねいに解説します。

では、はじめます。

主催者(先生)側の準備

Zoomアプリを入手する

Zoomには種類がいくつかあります。
ここではZoom Cloud Meeings」(ズームクラウドミーティング)の解説をします。

1. 「Zoom Cloud Meeings」をインストールします。
2. Zoomアプリ登録に必要な情報を入力します。
3. 完了すると下の画面が現れます。

ここからサインインに進みますが、手順は「授業開始準備」の項目でお伝えします。

*注意
Zoomアプリは40分間限定で使える無料版時間無制限の有料版などがあります。
詳細はZoomホームページでご確認ください。


クラスの場所を作る

Zoomの中に学生を集めるクラス(ミーティング)の場所を作ります。
必要なものは

メールアドレス(クラスの場所)
パスワード(先生がクラスを開く時に使います)

です。
これでオンライン授業に使うクラスの場所ができました。次にクラスに学生を呼びましょう。

クラスに学生を招待する

先生が用意したクラスに学生を呼びます。
学生がクラスに参加するために必要なものは

パーソナルミーティングID
ミーティングパスワード

です。
クラス全員が同じパーソナルミーティングIDとミーティングパスワードを使って、各自クラスに入室します。なので、


パーソナルミーティングID
ミーティングパスワード
授業の日時

の3点を予め学生に通知する必要があります。

招待者(学生)側の準備

Zoomアプリを入手する

パソコンでの入手方法は主催者(先生)側の準備と同様にしてください。

ここではスマートフォンでの入手方法を解説します。

1. Zoomアプリを入手します。
  iPhoneでは、App Storeを開きます。
  Androidの場合は、playストアを開きます。

2. Zoom Cloud Meeings
   「入手」タップします。

インストールする


Zoom Cloud Meeings
インストール」をタップし、
インストールできたら「開く」をタップします。

ミーティングに参加する


Zoomアプリが開いたら、「ミーティングに参加」をタップします。



ミーティングIDを入れます。
ミーティングIDは、招待URLの下9桁、もしくは、10桁の数字です。

ミーティングパスワードを入れます。



iPhoneでは、
Zoomは通知を送信します。よろしいですか?
Zoomがカメラへのアクセスを求めています
Zoomがマイクへのアクセスを求めています
というメッセージが表示されるので、「許可」をタップします。


Androidでは、
ズームへのアクセスを許可してください
Zoomに、カメラにアクセスし写真またはビデオの撮影を許可しますか?
Zoomに対してマイクに直接アクセスして音声を録音することを許可しますか?
というメッセージが表示されるので、「許可」をタップします。

iPhoneでは、
他のユーザーの声を聞くにはオーディオに参加してください
と表示されたら、
インターネットを使用した通話」をタップします。


Androidでは、
デバイスオーディオを介して通話」をタップします。


これでZoomミーティング(オンライン授業)に参加することができます。

授業開始準備

主催者(先生)は授業開始前(学生が来る前)にクラスを開ける必要があります。

Zoomを起動して授業の準備をしましょう。

Zoomを起動する

コンピューターにインストールしたZoomアプリを起動すると下の画像が出てきます。
サインインをクリックします。

サイン イン

サインインをクリックすると下の画面になります。

ここに、クラスを作るときに設定した

メールアドレス(クラスの場所)
パスワード(先生がクラスを開く時に使います)

を入力します。

入力後、サインイン をクリックします。

サインイン をクリックすると、下の画面が現れます。
ツールバーの「ホーム」をクリックし、「ホーム」画面の「新規ミーティング」をクリックします。

「コンピューターでオーディオに参加」をクリックします。

Zoomのクラスに着きました。(下の画像)
ここで学生の入室を待ちます。

授業

先生がクラスを開いたので、学生が集まったら授業開始です。

上の画像は参加者全員が映し出されているイメージです。参加者が増えると一人当たりの映し出される面積が小さくなります。

*ちなみに参加者が表示される位置は固定ではありません。常に入れ替わるので、慣れるまでは見づらいかもしれません。


では、次に授業中に使うZoomの機能について解説します。

参加者の管理


上の画像の「参加者1」はこのクラスに入室した人数です。この状態は先生1人だけ入室していることを示します。

授業の開始時刻になると「参加者1」のところに入室の許可を求める学生の名前が出ます。この時、学生はクラスの「待合室」にいます。

先生が入室を「許可する」ボタンを押すことで学生はクラスに入ることができます。くれぐれも入室を「許可する」ボタンを押し忘れないでくださいね。

学生1人1人に入室を「許可する」こともできますが、開始直前に学生がまとまって集まってきた場合には、「待合室」にいる「全員の入室を許可する」ボタンをクリックするとスムーズです。

マイク・ビデオあり、なし選択

上の画像ではマイク(音声)はオンで、ビデオ(カメラ)はオフ(赤い斜線)になっています。

ここからマイクのアイコンをクリックするとミュート(オフ)になります。同様にビデオのアイコンをクリックするとカメラはオンになり、パソコンの前にいる人の顔が映し出されます。

また、先生は学生に対して、「参加者の管理」ボタンから各人に「ビデオの開始を依頼」したり、マイクの「ミュート」や「ミュート解除」を依頼することができます。

先生がそれらの依頼ボタンを押すことで、学生にメッセージが表示されて、気付いて行動するということにつながります。

さらに、「すべてミュート」や「すべてミュート解除」ボタンを使って参加者に対する一斉操作もできます。

スカイプに慣れている方は、このあたりが相違点になると思います。

*Wi-Fiの環境によってオン・オフを使い分けます。
マイクもビデオもオンで授業を行うのが理想ですが、Wi-Fiが弱い時やギガを
節約したい時などはビデオをオフにすることが有効です。

画面の共有

授業中、Zoomの画面は参加者を映す以外に、いろいろ切り替えることができます。

切り替えた画面は共有できます。
さらに画面上でデータの編集もできることがZoomの特徴です。


では、画面の共有を解説します。


上の画像の「画面を共有」をクリックすると下のような画面が現れます。

上の画面は「画面の共有」を開いたところです。
共有できる画面が並んでいます。

画面上段の左はこのクラス(「画面の共有」前にいたところ)、そのとなりは「ホワイトボード」です。
これらは必ずここにあります。

下段の左はWord、そのとなりにExcelのデータがあります。
これらはZoomとは別のウィンドウで開きます。

これらの中から共有したいものをひとつ選んで(クリック)、右下の「共有」を押すと、選択した画面に変わります。

繰り返しになりますが、Zoomでは画面上でデータの編集がでます。
例えば、学生の発言を聞きながらWordに書き込むというようなことが可能です。これはぜひ試してみてください。

ホワイトボード

名前の通り、白いボードが共有されます。
ここには先生も学生も、参加者全員が書きこむことができるので、教室のホワイトボードと同じように使えます。

チャット

チャット」をクリックすると画面の端にチャット画面が現れます。
チャットはこのミーティングの開催中に限り、参加者間で行えます。記録は残りません。

先生が簡単な質問をして、学生がチャットで一斉に答えるというような使い方ができます。

また、遅刻した学生が先生に対して口頭で遅刻の理由を述べるのではなく、「寝坊しました。すみません。」とチャットを送れば他の学生の学習の妨げになりません。

ミーティングの終了

授業が終わったらクラスを終了します。
上の「全員に対してミーティングを終了」をクリックするだけです。

下にある「ミーティングを退出」はボタンを押した人だけが退出をする時に使います。
もし、主催者(先生)が途中で退出する際は、参加者のうちから任意の人を新たな主催者を選択して(注)、ミーティングを続けることができます。

(注)任意の参加者の画像の上で右クリック→メニューから「ホストにする」を選択

まとめ

Zoomでオンライン授業をするには…

1. パソコンやスマートフォンにZoonアプリをインストールする。
2. 主催者側と招待者側のアドレス、ID、パスワードなどを整える。
3. 授業(ミーティング)の実施日時を設定し、ID、パスワードとともに通知する。
4. 主催者が授業(ミーティング)を実施する。

という流れです。

おまけ ~背景を変える~

自宅でZoomを使ったミーティングのときに、自分の後ろに映る部屋が気になりませんか。

Zoomには背景を変えられる「バーチャル背景」があります。

「バーチャル背景」を設定すればプライバシーを守りながらミーティングに参加できます。
 Zoomバーチャル背景


バーチャル背景に変更する手順を解説します。

1. Zoomのミーティングルームの右上の「設定」をクリック


2. 左側のバーから「バーチャル背景」(Virtual Background)をクリック

3. 矢印のところから好きな背景を選択
  Noneを選ぶと背景は無地になります。無地の色も続けて選べます。
  また、好きな背景(画像)を追加して設定することもできます。
   Zoomバーチャル背景


4. 背景はミーティングの前でもミーティング中でも変更できます。

ミーティング画面のビデオのアイコン横の矢印をクリックすると、2. で紹介した画面に行きますので、3. の手順で設定します。

以上がZoomを使ったオンライン授業の解説です。


最近は(2020年6月中旬)学校での授業が再開されていますが、これから日本にもコロナウィルス第二波、三波が来るかもしれません。このページはその時に備えて、自身の忘備録として作りました。


工事不要ですぐに使えるクイックWi-Fi 100㎇月額3.250円

タイトルとURLをコピーしました

語学(日本語)ランキング